« コントロール2 | トップページ | ランブル »

2012年12月 8日 (土)

陽転

ナンデ ワタシハ コンナニモ ヨワイ

カードラボ公認
使用デッキ 赤緑ブレイバー

■1回戦 赤黒ブレイバー
こちら先行。
相手はエヴォルシードたんまりでイグニッション率で劣る展開。
エヴォルシードと後攻の恩恵で、相手のリソースがとんでもないことになってたけど、エネルギーが足りないようで、動きが鈍かったので、順調にライフを削る。
そのまま押し切り。
こーゆーの見るとエヴォルシードって強そうに見える。実際に強いんだろうけど。


■2回戦 青単リゲル速攻
相手先行
1ターン目:アヴィオール
2ターン目:IG5000+アヴィオール
3ターン目:IGセンチ+リゲル

流石にこれは苦笑してしまった。意味わからんレベル。
僕のゼクスにおける大会戦績は2回戦目で落とすのが非常に多く、またここで散るのかと非常に落胆したんですが、ライフが卑弥呼・たんぽぽ・弟切草と屈強で、奇跡的にゲームになる。
それでも残1まで削られるも、七支刀→木蓮でプレイヤースクエアを固め、12エネ溜まったタイミングで木蓮×2を自軍横に配置。
3連木蓮が突破できないようで、相手の動きが鈍ったので、相手のライフ無視してひたすら5000オーバーを並べる作業に入る。
そのうち相手がドローゴーするだけになったので、ちまちまライフ削りだして詰みまで持ってって勝ち。

しかしとんでもないゲームだったな… 序盤は正に全国大会決勝戦のようなレベルだった。運的な意味で。


■3回戦 赤緑ブレイバー
お互いあまりIGが乗らず、エネルギーブーストもそれなりだったため、ゆっくりとした展開になる。
相手が全力でユニットばらまいてきたので、ティラノ・ジャンヌで一掃。
ハンドが0だったが、それでペースは握ったので次のトップとIGで畳み掛けるところでドローが蘭丸・アリス。しかもエネルギーに黒なし。
これが致命的で一気に劣勢になり、ライフもガンガン削られる。
何とか持ち直すも、残ライフ1でデッキも残りわずか。
相手のライフは残2で同じくデッキも残りわずか。

このターンに決める覚悟をし、IGがこちらの希望に沿えば詰みが見え、守りに入れば先に相手のデッキが切れるため、3ターンかけて1点取れば勝ちな状況。

さんざん悩んだ末に出した結論は遊戯王理論を信じた特攻でした。
IGふるわず終わり。

ディメンションゼロ時代だったら守りを選んで気がするな。
なまじ遊戯王するとこうなるのか…
×

2勝1敗で圏外でした。


連敗記録更新中です。

« コントロール2 | トップページ | ランブル »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/48136346

この記事へのトラックバック一覧です: 陽転:

« コントロール2 | トップページ | ランブル »