« 黒緑リンドウ | トップページ | チーム戦に向けて »

2013年1月 3日 (木)

赤青緑ブレイバー

公式ホームページでやってた相性の良い色は緑でした。
青じゃなかった…

■リーダー
倉敷世羅

■ユニット50枚
【S】変幻の三節棍 山吹 1枚
【IG】聡明な銀シルバーフォックス 1枚
【IG】奇襲機械レイド 1枚
【IG】狩猟の女神アルテミス 4枚
【IG】日出づる国の女王 卑弥呼 4枚
【IG】隠業の手裏剣 弟切草 4枚
【IG】抹消機械ヴォイド 2枚
【IG】未来の達人 蒲公英 4枚
アークボルト アルドラ 3枚
のんびり屋のルリジッサ 3枚
九大英雄ジャンヌダルク 4枚
魅惑の七支刀 月下香 4枚
きれい好きのレモンバーム 4枚
陽気な太陽の神アポロン・アガナ・ベレア 3枚
高潔の金剛杵 木蓮 4枚
音速の城ダームスタチウム 4枚

■イベント0枚

赤16枚
青10枚
緑23枚
※スタートカードを除く

現環境において(個人的に)最強と疑わない赤青緑ブレイバーです。


■デッキ作成の流れとか
ゼクスをプレイして最も必要と感じるのが自身のリソースアドバンテージ獲得術。※
(ゼクスではエネルギーの事をリソースというのでややこしいですが、ここで指しているリソースは手札・エネルギー・場等の自分がコントロールしているカードの総数です。何か良い通称ありませんかね?)

このリソースアドバンテージの生成が弱いデッキを使うとどうしても中盤以降に動きが鈍り、IG頼りになってしまいます。
そのような戦法だとライフリカバリー1枚で致命傷になるので、安定した勝利を求められないデッキとなってしまいます。

リソースアドバンテージの生成を最も強力な形で実現するのは緑のグッドスタッフ達。
レモンバーム・木蓮・ルリジッサの3種が自破壊・召喚時にエネルギーブーストという、自然な流れでアドバンテージを生成するため、安定して強力なユニット達です。

これらがとにかく強く、多量搭載を義務付けるレベルで必要とされます。
他の色でこれらの代替を務めるグッドスタッフを複数持つのは存在しないため、3種を持つ緑の採用はほぼ確定配色です。

エネルギーブーストによるアクション数を増加する緑のアドバンテージは強力なのですが、エネルギーが潤沢になる後半では無駄なアドバンテージとなり、リソースアドバンテージの補強にならなくなります。

これについてはプレイング面で何とかしようと努力しましたが、どうしてもプレイングも糞もないトップ頼りになってしまい、トップが弱い(3コス+3コスor有効札+ゴミ札(蘭丸とか)等)とロクな動きが出来ず負ける試合が増えてきました。

エネルギーブーストのみでは限界を感じたため、手札補充カードを取り込むことにしました。

手札補充カードについては理論の段階で役不足であることが分かる菖蒲を除いて、ほぼすべてのカードを試してみました。
その中で実践レベルに成り得たのは次の4枚です。
・ダームスタチウム
・アルドラ
・ビショップ
・条件付きで菖蒲

※アリスは最も自然な形で手札補充をしてくれそうなイメージがあったため、非常に期待していたのですが全然ダメでした。
アリスについては4日後ぐらいの別記事にて語りますきっと。

当時シュペーアをタッチで積んでたので配色的にビショップが良かったのですが、ビショップはサイズがコストに見合わない問題が多発したため断念。
代わりに入れたダームスタチウム・アルドラが獅子奮闘の働きをしてくれたため、青入りが確定。

ブレイバーの基盤である赤を加えて赤青緑配色になりました。


■ブレイバーについて
ブレイバーが持つ火力効果ですが、火力は汎用性がとても高く、手札やIGからプレイした弱ユニットのサポートになるため、相手の高コスト域を非常に効率的に対処できるようになります。
火力は除去よりも弱いギミックと判定されているため、火力持ちユニットのサイズは基本高めとなっており、パワー勝負でも働いてくれます。
盤面のアドバンテージ獲得力だけを見れば最強配色ですね。

特に火力ユニットの筆頭のアポロンは、現在大流行を見せている菖蒲を倒せるサイズになっており、菖蒲で回収したファッティ(七支刀等)を火力+他ユニットで倒しつつ自身で菖蒲を倒せるキラーカードとなります。


■IG枠について
IGに最も必要なのは3コス5000を殴り返すことなので、ブレイバー関係なく基本的に3コスユニットのみにしてます。
ただ速攻相手に苦しく感じるシーンが多いため、試験的にヴォイドブリンガーを2枚挿してます。
3コス5000の返しの場面でヴォイドブリンガーが出ると困るという大きなリスクを抱えるため、あまりにもサイズの無さが足を引っ張るようでしたらルビーハウルとかに戻す予定です。

蒲公英・弟切草・卑弥呼・アルテミスの鉄板枠が4積み。
配色合わせのヴォイドが2積みとなってます。


■各種カード雑感

○変幻の三節棍 山吹
最強スタートカード。
攻守に渡って選択できる+2000は非常に強力です。

また、山吹は4コス6500をデッキに積まない正統性を与えてくれます。
現在はファッティ環境であるため、4コス6500ではサイズ不足になることが多々あり環境に合ってない感じがあります。
山吹積むだけで、相手先行4コス6500に悩まされる事もないので、そういう意味でも必要となるカードです。

○アークボルト アルドラ
ドロー補佐2号。
ドローの必要性は前述した通りです。
回収系がないため素引きするしかないのでダームスタチウムと合わせて7枚体制です。
先行では非常に手札キープが苦しくなるため、ドロー補佐は複数枚引き込む必要があるため、その意味も込めて多めに積んでます。
7枚でも十分まわってくれますが、あまり引けない時もあるため、出来ればもう少し増やしたいです。

○のんびり屋のルリジッサ
最強クラスのアドバンテージ獲得ユニット。
3コス5000IGレベルしか倒せないという弱さを持つため、フル投入できず。
個人的に2~3枚が無難だと思ってますが、レモンバーム・木蓮合わせて10枚体制では不足している感があったため、11枚体制にするために3積みしてます。

○九大英雄ジャンヌダルク
菖蒲ビショップ環境であるため、3000火力をばらまくジャンヌはマストカウンターとなります。
手札に高サイズを引き込めない時のサイズ事故を解消してくれるため、活躍する場面に事欠かすことはありません。
4積み確定です。

○魅惑の七支刀 月下香
緑なら何が何でも4積みすべきカードであるため、4積みしてます。
菖蒲ビショップ相手では七支刀を出し負けるため、別に七支刀を倒せるカードが必要です。

○きれい好きのレモンバーム
三英雄の一角。
4コス6500対処を兼ねる最強ユニットです。

○陽気な太陽の神アポロン・アガナ・ベレア
前述したとおり、盤面アドバンテージ獲得についての最強ユニット。
赤緑ブレイバー時代では7コス払うのが非常に辛くて活躍の場面が皆無だったため、、「陽気なニート神」と通称が付くぐらいゴミ屑でしたが、青緑のアドバンテージフォローが入るようになってから最強クラスの働きをするようになりました。
アドバンテージって偉大。


○高潔の金剛杵 木蓮
三英雄の一角。
6コス9000でエネルギーブーストを兼ねるキチガイスペック。
当然4積み。

○音速の城ダームスタチウム
三英雄の一角。
大流行している木蓮・バルバロスに対してアドバンテージを獲得しながら返せる最強カード。
他の三英雄と違って倒した時効果のため、プレイヤースクエアとかに置いとくと相手の動きを妨害します。
プレイヤースクエア・ダームスタチウム+中央脇に七支刀とかの布陣を作ると非常に強力です。


こんな感じですかね。
現在フィーユを積みたいと思っているんですが、スペースがなくて困ってます。
現環境第一線のデッキ相手にフィーユは強いので、1枚で良いから積みたいんですが無理ですかね。。。

« 黒緑リンドウ | トップページ | チーム戦に向けて »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/48576312

この記事へのトラックバック一覧です: 赤青緑ブレイバー:

« 黒緑リンドウ | トップページ | チーム戦に向けて »