« 黒緑フィーユ | トップページ | 先行と後攻 »

2013年1月13日 (日)

世界が変わる

>ゼクスストリーム
最多勝の決定は行いません。

意味ねーじゃねーか。リゲルを煮詰めていた俺はマヌケか。

リゲルを考えてるうちに、そっちサイドの世界が朧げながら見えてきました。
恐らく3弾が発売されるとリゲル速攻は180度世界が変わることになりそうです。


現在のリゲルはスタイリッシュ坊主めくりの異名を取るスーパー糞デッキです。

勝利するにあたり必要とされるプレイヤーの能力(構築・プレイング)をブレイバーが100とするとリゲルは20ぐらいです。
20のうち構築が17ぐらいで、プレイングに至っては3です。

極端な事言うと、リゲルというデッキは対戦相手に『ゼクスじゃなくて坊主めくりしよーぜ』と言ってるようなもんです。死んで欲しいですね
いつかのゼンマイよりひどい。

そんなリゲルですが、3弾加入によりタレントが揃い、ひとつの新たな戦法を確立すると思います。
先行有利と言われているゼクスにおいて(実際は微妙なところ)、恐らく初めての後攻必勝戦法です。

先手必勝・IG頼りのリゲルデッキが後手必勝になりIG依存度がかなり減るので、180度変わります。


現在構築を練っているところで、納得のいく形になるまでまだまだ時間がかかりそうです。
荒削りながらも赤青緑ブレイバーに2-2だったんで、多分次環境で最強の一角にのし上がれると思います。


という妄想を信じて、調整を続けてます。
実際、赤青緑ブレイバーとタメをはるほど強いですが、赤緑ブレイバー並にIG依存度はあるのが嫌ですね。
もう何回か革命的な閃めきが必要かな。

« 黒緑フィーユ | トップページ | 先行と後攻 »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/48722460

この記事へのトラックバック一覧です: 世界が変わる:

« 黒緑フィーユ | トップページ | 先行と後攻 »