« なんだこの雑魚は | トップページ | 世界が変わる »

2013年1月13日 (日)

黒緑フィーユ

2デッキ制はまだか。

■リーダー
剣淵相馬

■ユニット50枚
【S】変幻の三節棍 山吹 1枚
【IG】隠業の手裏剣 弟切草 4枚
【IG】孤独の魔人ソリトゥス 4枚
【IG】不幸の魔人ミセリア 4枚
【IG】骨騎士スケルタルナイト 4枚
【IG】未来の達人 蒲公英 4枚
のんびり屋のルリジッサ 3枚
魅惑の七支刀 月下香 4枚
きれい好きのレモンバーム 4枚
たおやかなる薙刀 菖蒲 4枚
高潔の金剛杵 木蓮 4枚
野蛮の魔人バルバルス 2枚
冥司教スケルタルビショップ 4枚
樹海の乙女フィーユ 4枚

■イベント0枚

緑33枚
黒16枚
※スタートカードを除く

環境最大シェアを誇る黒緑フィーユです。
菖蒲・ビショップ・フィーユが5コスオーバーのユニットを量産するのに加え、バルバロスのクイック除去もあるため、守備力だけなら最強です。


バランスの良いシンプルなグッドスタッフで占められているため、安定して継続的にビートダウンできますが、ユニットの効果が単純ゆえに応用性がないのが欠点です。
菖蒲・ビショップが状況に応じたユニットを送り出せれば解消されますが、なかなかそう上手くいきません。


このデッキは構築の段階で大きな壁にぶつかります。
まともな勝率を出せるデッキにするためには次の6点を取り込んだデッキにする必要があります。
①エネルギーブースト:ルリジッサ・レモンバーム・木蓮・フィーユ元気 等
②手札補充:菖蒲・ビショップ
③万能除去:バルバロス 等
④アドバンテージ獲得&守備力強化:フィーユ
⑤弱点その1対策:絶望の魔人デスペラティオ 等
⑥弱点その2対策:武皇剣閃撃 等


■弱点について
弱点がないことが売りのデッキですが、現在のカードプールに3枚のキラーカードが存在するため、それらに対する対策が必須です。

①弱点その1 アップルカメレオン ブケファロス
余裕のハメ殺しをくらいます。
基本採用カードで対応できるのがバルバロス・月影葬送牙ぐらいですが、どちらもカードパワーに難があるため、枚数を積みづらい難点があります。
それに加え、これらはなんとか対処できる程度の対策のため、例え対応できたとしてもアドバンテージの損失は免れません。
どちらも4コスのため絶望の魔人デスペラティオとかで効率的に除去するのが理想ですが、これらはカードパワーが低いため、とてもじゃないですがメインから複数積めるものではなく、現カードプールにおいて現実的な対応策がない状態です。

②弱点その2 ジャンヌ・ダルク
菖蒲・ビショップを主力とした5コス域はジャンヌ・ダルクの3000火力で完全否定されます。
1ターンでゲームエンドの損害を受けるため、こちらも対策が必須となりますが、基本採用カードに対応できるカードはありません。
というか配色上、対策カードは皆無で武皇剣閃撃ぐらいのものです。
武皇剣閃撃は弱めのカードであり、その程度のイベントの採用はデッキバランスを崩すため、これも採用しづらいカードとなります。



話が前後してしまいましたが、①~⑥をすべて取り込むのは物理的に不可能です。
僕のデッキも達成しているのが①・②・④だけで、③は枚数が少ないため、安定せず、
⑤・⑥に至っては皆無のため、それらと対戦することになったら地獄を見ます。


そんな感じで構築の時点で詰みが見えたので、大して煮詰めずに諦めてしまいました。
このゲームにおける黒緑は構築が最も重要であるため、スキルアップに最適だと思って頑張ろうとしたんですがね…
ブレイバーやカトキチ魂を差し置いて使う理由が全くありませんでした。最大シェアとはなんだったのか。

七支刀を最もプレイできるデッキと思って強いと思ったのに。ゼクスはそんな簡単じゃないね。

« なんだこの雑魚は | トップページ | 世界が変わる »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/48722142

この記事へのトラックバック一覧です: 黒緑フィーユ:

« なんだこの雑魚は | トップページ | 世界が変わる »