« 安定配色 | トップページ | 1月18日 洞窟公認 »

2013年1月18日 (金)

勝利するために必要な条件

2弾環境における勝利するために必要な条件を自分の中で確立しました。
3弾環境を迎えた時に果たしてでどれほど役に立ってくれるのか。。。

スーパー個人論ですが、勝利するために必要な条件は次の6つを取り入れることにあると考えてます。
①ライフより展開を重視した守備重視の戦法を取る
②ゼクス3英雄をフル投入する
③ルリジッサを複数枚投入する
④スタートカードは山吹で4コスバニラを採用しない
⑤フィーユを複数枚投入する
⑥ジャンヌをフル投入する


1つずつ説明します。

①ゼクスにおける戦法は大きく2つに分かれます。
ライフ奪取を重視した攻撃的戦法と、場の展開力を重視した守備的戦法です。

どちらも一長一短なので一般的な優劣は付けられないですが、個人的には守備的戦法の一択だと考えてます。

ゼクスは大会形式的にシングル戦で無双しろという無理難題を求められてます。(これはあらゆるカードゲームに言えることかもしれませんが)

これを完璧に実現するのは人間には不可能でしょうが、可能な限り近づく努力は必要です。

なので、求められるのは絶対的な安定感。
攻撃的戦法を取るとどうしてもライフリカバリーがマストカウンターとなってしまうため、相手のライフに大きく依存してしまいます。
その分、守備型にとってライフリカバリーなんて鼻くそに等しいため注意すべきはヴォイドブリンガーのみ。
そのヴォイドブリンガーも守備型はライフを取るタイミングを選べるため、マストカウンターとなるタイミングで踏み込まなければ問題なしです。

後はIG成功率の依存度とかもありますが、安定感を分かつ大きな理由は上記のとおりです。

正直リゲルですらもライフリカバリーを鼻くそ扱いにできる構築にする必要があると思ってます。
3弾のカードプールが加わったら可能だと思ってますが、まだ机上の空論です。

②守備型戦法を取るに当たり最も必要となるのはレモンバーム・木蓮・ダームスタチウムのゼクス3大英雄です。
こいつらは環境における最重要のサイズを持ちながら、アドバンテージを確保する最凶生物で、代わりとなるカードがない以上、フル投入確定です。

③ゼクス3大英雄のみではアドバンテージ獲得力にムラがでます。
3大英雄に次いで強いルリジッサをできる限り投入して、アドバンテージ獲得力に安定感を持たせたいですが、5000の残念サイズのため、採用しすぎると別の問題が発生するのが難しいところ。
個人的に理想は3積み、最低2積みが妥当と見てます。

④山吹のチートっぷりは言わずもながら。安定感を重視するゲームにおいて、山吹の万能さは最強です。他のスタートカードの100倍の強さはあると見てます。

山吹の最大の長所は4コスバニラを採用しない正当性を獲得するところです。
菖蒲の大流行によって7500が一つのボーダーとなりつつあります。
最大シェアを誇る菖蒲ビショップはデッキ性質上、7500前後を連打するため、4コスに人権は与えられません。

自由枠(スタートカード・IG以外の29枚枠のこと)に4コスバニラを複数枚採用すると、この7500前後にサイズ差のリンチを喰らう可能性があります。
これは先行取られて2ターン目に4コスバニラ出されて対処に困るよりもはるかに高いリスクです。

というかそもそも4コスバニラを採用する最大の理由は、4コスバニラが無いと先行取られて出された4コスバニラを対処に困ることにありますが
実際そんな事態に陥るのは、先行取られて相手が4コスバニラを持っててIGを2回失敗した場合です。
単純に計算すると 1/2 × 1/2 × 4/25で大体4%ですね。
4コスバニラの採用は大きくデッキパワーを下げるので、4%の危惧のために採用するのは無いかなと思ってます。

なんか矛盾したこと言ってますが、25回中1回の負け試合すらもカバーしてくれる山吹最強ってことを言いたいだけです。


⑤ゼクスもカードゲームである以上、ほぼすべてのカードが相手のデッキタイプに依存して強さが変わりますが、
とある種類のカードのみ、あらゆる相手に対して強力な効果を発揮できます。
それは展開補助系効果です。

現カードプールに展開数によって効力を発揮するカードやデッキタイプがない以上、
展開力は絶対的な正義となります。

速攻・遅攻等の自分や相手のタイプ関係なく極めて有効な効果をもたらすため、最強の効果と言えます。

現カードプールに1枚のカードで複数ユニットをプレイできるのは、クレアシオン・イモータルキング・フィーユの3種類のみで、その中で特に強いのはフィーユです。

レモンバーム・木蓮のお陰で自身のアドバンテージの損失なしにサイズを伴った展開ができます。
自身が9500であるため、木蓮・ダームスタチウムによる9000打点がメインとなるこの手のデッキの弱い所を補ってくれます。

特に一番厳しい相手となる坊主めくりに対して最高の回答になるため、複数枚投入が義務づけられるレベルで必要です。
4積みが理想ですが、3英雄と合わせて高コストが過剰気味になるので、3枚が現実的な限度となります。


⑥ゼクスの戦術を考えるにあたり重要な事項となるのが、3コス5000IGの消化方法です。
対戦で負ける1つのパターンとして、3コス5000IGを引きすぎて動きが取れなくなるというのがあります。

中央エリアにいる相手には2体投げることで最低限の対処はできますが、相手陣地に3体並んでいる際には何もできないでターンを終えるはめになります。

これは黒緑フィーユと対戦するとよく起こる局面で、有利に進めていたゲームも一瞬でひっくり返る最悪のパターンです。

3コス5000は基本20枚入るので、デッキの40%以上を占めます。
確率的にも全然起こり得る局面であるため、安定感を高めるためには自由枠に5000を活かすカードを採用し、3コス事故を軽減させる必要があります。

その筆頭となるのがジャンヌです。

ジャンヌは3コスIGと極めて相性が良く、複数枚の消化を可能とします。

自身が4コスというのも優秀で、
菖蒲を倒せない4コスラインは現在採用しづらいのですが、デッキのバランスを考えると5コス以上で固めるとどうしても高コスト事故が付きまとってしまいます。
4コスで菖蒲を打破できるジャンヌは非常に貴重です。

他にその役割を行えるユニットは存在しないため、消去法でジャンヌが4枚必要です。



以上を取り込むと
レモンバーム×4
木蓮×4
ダームスタチウム×4
ルリジッサ×2
フィーユ×3
ジャンヌ×4

で自由枠が3色21枚確定です。

自由枠は残り8枚ですが、上記の選択肢除いた中で強いアポロン・七支刀積んで終わりですね。

この頃ブレイバーっぽくなくなってきたので、ブレイバーにとらわれない方針に進化の可能性を感じましたが、選択肢なんかありませんでしたね。

おわり。

« 安定配色 | トップページ | 1月18日 洞窟公認 »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/48807323

この記事へのトラックバック一覧です: 勝利するために必要な条件:

« 安定配色 | トップページ | 1月18日 洞窟公認 »