« 2月3日 ヒロイックサーガ3 関東 | トップページ | 2月8日洞窟公認 »

2013年2月 9日 (土)

2月7日カーキン公認

もうだめだ。ガルマータがネタカードにしか見えないw

■カードキングダム公認
使用デッキ 赤黒緑ブレイバー

●1回戦 青緑メタルフォートレスなプラセクト
ソーンクレスト・ワイルドローズ・プラセクトのライフリカバリーが見えたので、プラセクトと判断するも序盤からバニラによる高打点攻めをくらい想定外の展開となる。

エネルギーブーストとアップルカメレオンが全く見えないので、高打点メタルフォートレスデッキと判断。
火力ユニットを惜しまず使う方針を取る。

先に一発貰うもライフリカバリー。
これで俄然有利になったので盤面制圧に専念。
八面埋めてからライフを削り取って勝ち。
アップルカメレオンは最後の方に出てきました。



クワネルさんはまだ対戦していたので覗きに行ったら、とんでもないことになってました。

クワネルさんを取り囲む3体のガルマータ(100円)
思わず唖然としてしまいました。あまりにも現実的ではない局面に遭遇すると現実を直視できないって話がありましたが正にそれですね。

フィールドに複数存在するところを見たことないガルマータが3体も。
こんな究極局面を初見で直視できるプレイヤーは存在しないだろwww

秒で投了する場面ですが、必死に何かを計算するクワネルさん。

申し訳ないんだけど、無駄な足掻きにしか見えない。
だってこんなのどうしようもないですし。

緑ドラゴン以前にガルマータすらも倒しきれないんだろうなと思ってました。


甘く見てました。
このゲームはガルマータ3体という何かが宿ったゲームであることを認識していませんでした。

クワネルさんの手から放たれる4体の卑弥呼。焼きつくされるガルマータ。


おもわず爆笑しそうになりましたwww
長い間卑弥呼4積みのデッキを使ってきましたが、卑弥呼が4体降臨したことなんて一度もねーぞw
まさかこの場面で実現するとはwww

究極の局面を究極で返すとか、なんというセンスw

この人達は伝説を作りに来たのかw決勝でやれよ


そんなクワネルさんの奮闘も緑ドラゴンには届かなかったので、一瞬で返される現実。
どう考えても後1~2ターンの命。

伝説の戦いも終焉を迎えるときになりましたが、観戦者の僕には今までの奇跡を遥かに上回る究極のグランドフィナーレが見えました。

フリー・大会含めて、かなりの対戦数をこなしてきましたが、今までチャージに一種類のカードが3枚以上重なるのは見たことありません。

そんな僕に『チャージ3枚全部ガルマータ』という夢のような光景を見させて頂きましたw

チャージに複数枚溜まりやすいランキングのワースト10にランクインするであろうガルマータ様で実現するとかマジで吹くwww

そんな中、相手の緑ドラゴンから繰り出されるラストガルマータ。

これは・・・来るか…
奇跡の中の奇跡。。。
もはや二度と起こり得ないであろう伝説中の伝説・・

『チャージ4枚全部ガルマータ』


大会の対戦中に本当に申し訳ないんですが、携帯のカメラを構えさせて頂きましたw
マナー違反なのは重々承知なんですが、MITW様の手下なもんでこの伝説を語り継ぐ必要性にかられてしまったのです。すみません許してください。

態度悪いという看板を背負ってでも僕は伝説の生き証人となるんだ。。。

都合の良い事にクワネルさんの手札に七支刀がいるため、七支刀でガルマータを殴るだけの簡単なお仕事。
それだけで神話の完成です。

いやー、マジテンション上がるなこれは。まさかこんなところで伝説の生き証人になれるとは夢にも思わなかったぞ。
いけークワネルさん。七支刀をブン投げて伝説を作られるんだー!

クワネル『七支刀で木蓮殴ります!』


(#^ω^)


いや、クワネルさんは立派ですよ。
200%勝ち目のない場面で500%投了が推奨される局面でも、真剣に考え最も適切なプレイングを取ろうとする心意気。
プレイヤーの鏡ですよ。本当に。古本組はここまでに来ずに投了しますからね。切実に見習うべきだと思います。

結構良い額が当たった宝くじ件を失った気分になりましたが、気のせいだと心の中で連呼してました。

●2回戦 赤青白緑ガルマータ
赤白リソースコンビと青緑リソースコンビが入った青白のようでした。
こちら先行取るも、序盤にデュアル×2とアビオール×2からの速攻でいきなり死にかける。
運に頼しかないかなって場面で相手が山吹を失念するという痛恨のミスが勃発。
そこから全力でユニットをばらまいて制圧開始。
ガリガリライフ削って詰みまで持ってって勝ち。
本当に危なかった…

●3回戦 赤青緑ブレイバー クワネルさん
サイトさんを地獄に叩き落とす計画を実現するためにこの大会で上位に入らなければならないクワネルさん。
その強い意志がオポーネントによる勝利を結びつけるための最高の組み合わせを導き出した。
※階段でした

先行からブーストに差を付ける良い流れ。
フィーユでアドバンテージにさらなる差を付けに行くもライノで軽く返される。
10000を簡単に処理できる状態ではなかったため、このライノがかなり厄介でした。
周りのユニット潰してからという遠回りを強要されましたが、その間にさしたる動きがなかったため、無事に七支刀連打出来る準備を整えることに成功。
そこから押し切りが見えると思ったんですが、フィーユ連打で粘られる。
1回目のデッキ切れ直前まで粘られるも終盤でようやく8面制圧までこじつける。
そこからライフを削り取って勝ち。

さらばクワネル。

●4回戦 赤青ブレイバー
相手先行2ターン目IG成功の最悪の流れ。
死ぬかと思いましたが、3・4ターン目を外してくれたため、試合になりました。
あまり相手のIG成功率が良くなかったため、ベイン出し惜しみ作戦を決行。
盤面が優位になってきたぐらいでベインが2体揃う最高の流れ。
見えてるカード的にヴォイドブリンガーはなさそうなので、ベインを後ろに構えライフを取りに行く。
相手の残デッキが僅かのところで3点目を取れたので投了貰いました。

●5回戦 白緑アイヴィーウイング
こちら先行取るも3コスなし。アイヴィーウイング側に先手を取られる嫌な流れ。
相手の木蓮がプレイヤースクエアに配置された返しに、3コス5000とベインでライフを1点取る。
山吹残していたため、次ターンもそれなりの成果を見込める流れ。

ここで相手が9エネなのに木蓮+山吹でベインを取りに来る痛恨のプレイミス。
山吹で対応したらユニット全生存で帰ってくるボーナスステージ突入。
ベインの効果を含めてプレイヤースクエアを4回殴って勝ち。

5-0で1位でした。

クワネルさん情報ですが、最後の相手はゼクス初めて1週間だそうです。
あやうく『初心者でも優勝できる。それがゼクスの恐ろしいところ』状態になるところでしたねw
流石にそうはさせませんよと。

しかし初めて1週間で4-1というだけでも衝撃ですが、どうやら秋葉原で有名な赤青使いの人を倒して上がってきたようです。
赤青に勝てるとかマジで凄いですね。
僕との対戦の時には不慣さがモロに出てゲームが決まっちゃいましたが、基本的なプレイングは大会常連組みと比べて遜色ありませんでした。
他のカードゲームで鍛えられたプレイングをバリバリ発揮してるでしょう。素晴らしいですね。

しかし赤青はアイビーウイングの最大の天敵だと思ってましたが違うんですかねぇ。どちらも経験ないから分からんな。

« 2月3日 ヒロイックサーガ3 関東 | トップページ | 2月8日洞窟公認 »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

ごめんなさい;;

流石に悪乗りが過ぎましたね。
すみませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/49296750

この記事へのトラックバック一覧です: 2月7日カーキン公認:

» [プレイ記録]《ドラゴン語りのシャーマン/Dragonspeaker Shaman》/「Z/X」第3弾『五帝竜降臨』 [ALORC-Bottle-Craft-512-Logbook]
我々は炎と激怒からなるドラゴンの言葉を語る。ドラゴンは激情と栄誉からなる我々の言葉を語る。我らが共に紡ぎあげるは、類稀なる破壊の詩よ。 『Z/X -ゼクス-』ブロッコリー 新作トレーディングカードゲーム 《ベルベイの門/Belbe’s Portal》/「Z/X」第1弾『異世界との... [続きを読む]

« 2月3日 ヒロイックサーガ3 関東 | トップページ | 2月8日洞窟公認 »