« 2月11日 アメニティドリーム公認 | トップページ | 仲間を信じてカードBOX CS »

2013年2月12日 (火)

第1回綾瀬杯

ただのプレミ魔人でした。

■第1回綾瀬杯
使用デッキ 赤黒緑ブレイバー

●予選1回戦 白黒緑ガルマータ
相手が超事故ってたため、適当に殴るだけで勝ちました。


●予選2回戦 赤青ブレイバー
ライフ1点損失でベインの固めゲー入る。
途中でドライブピニオンに甚大な被害を被りもつれ込むも、フィーユで再度盤面固めて押しきり。
35分いっぱいかかってしまいました。反省点多かったです。



●決勝1回戦 赤黒ズィーガー
相手2ターン目にIGヒンデンブルクからライフを取りに来るもライフリカバリー。
3積みのリカバリーに助けられる情けない図。
それでも相手の猛攻を防ぎきれず2点損失するも、何とかベイン固めゲーまでこじつける。

ここから一気に勝利の流れを掴むところで、恐怖のIG7連外しが発生。
相手のIG組に徐々に巻き返される。

ベインの周りがスカスカになるまでやられたところで、恐怖の必殺ベインメタのヒンデンブルク様が捲れて、4コスバニラ+アルテミス+ピーコクで突然死しました。

リカバリー出しといて負けるスーパー雑魚でした。
これは、言い訳できませんね。



メンタルが終了しましたが、僕はアイシールドファンのため速やかに立ち上がりサブトーナメントに参加しました。

■第1回綾瀬杯サブトーナメント
使用デッキ 赤黒緑ブレイバー

●1回戦 マイトネリウムコントロール
リソースコンビとIGにかなりのアドバンテージを取られましたが、相手が攻め手に欠けていたようでライフまでは削られない展開。
中盤にひたすらこちらのユニットが青の除去イベントに戻され続けて硬直。
終盤になっても守備力は健在でグダグダやってました。
相手が2巡したため、何とか2点削って時間いっぱいで押しきり。
反省点多い試合ばっかですね。


●2回戦 黒緑リンドウ
赤緑を使い続けた男と(多分)黒緑を使い続けた男の技と技のぶつかり合いになりました。
一進一退の攻防を続け、お互いライフ1でタイムアップ。トナメのためサドンテス突入。
その時にはお互い全ての戦力を使い果たしていたため、有効札引き合いの超トップゲーになりました。

構築的に分の悪い勝負でしたが、最後の最後で相手のトップが3コス&フィーユ元気の事件が勃発。
こちらはベインを引き当てたため、自壊特効で強引にライフもぎ取って勝ち。

40分に渡り最初から最後までゲーム展開の傾きが見えない死闘となりました。

お互いにあまり見ない(らしい)カードで急所をえぐり合う戦いになったため、試合終了後に、『このカードこんなに強かったんですね議論』で盛り上がっちゃいましたw
カードゲームマジ最高やわー。

僕のカードゲーム人生の中で確実に上位に入るベストバウトでした。ゼクス内だと圧倒的に1位です。
マジテンション上がりましたね。これは。




●3回戦  赤青速攻
テンション上がった後に地獄が待っていた。
先行1ターン目からいきなり行動に迷う。

古本勢の皆様にお伺いした先行1ターン目の動きですが、解答を全く頂けていないため、進歩のない考えをしてました。

自分の哲学だとルビーハウル自軍横エンドだけどプレイヤーがローレンシウム。
エネルギーが青2枚だし、自分の哲学を曲げて殴ったほうが良いと結論を出しました。

相手がローレンシウムを入れてる確証もないのに

ジミー軍団に入団してかなり経ちますが、未だに本番でこの手のミスをやらかすくそったれです。
本気でカードゲーム向いてないんじゃないかと思う。

そんなくそったれにお似合いの地獄が始まりました。


1ターン目の返しにIGアヴィオール&手打ちアヴィオールで2体バウンス。
山吹を出して一匹打ち取るも、IG卑弥呼&手打ちアヴィオールで1点。

ここでライフとIGの2回ともIG失敗の地獄展開でレモンバームで卑弥呼を打ち取るだけでエンド。
返しにIGベネトナジュ+5コスバニラで2点。

3面囲まれライフ残1。ベイン持ってないですの詰み。
3ターンでゲームが終わってしまったぞwww これは笑うしかねーw

あまり思い出したくない過去ですが、ディメンションゼロのGP4で「これからのカードゲーム人生でこれを超えることは無いと断言できるレベルの究極のブン回り」を食らって地獄に落とされたことがありましたが、それに匹敵しますねこれは。マジでハンパねー。

と思ってましたが相手に
『こんなの洞窟の店員に比べたらまだまだっすよ』
って言われました。

洞窟の店員は人外だったのかwww もう人間のレベルじゃねーぞw


僕の中でZ/Xにおける空前絶後のブン回りだと思ったんですが理論上で更に上があるらしいので考えてみました。

この最強の流れの中で唯一非があるのは2ターン目か。
IG卑弥呼。ここか。

『2ターン目卑弥呼とかマジ弱い。ここで捲れなきゃいけないのは最後のアヴィオールのみ。それ以外は雑魚。アヴィオールパンチからのヴォイドブリンガー2体展開でライフを2点削るのが正解。それ以外の動きする人は人外になれる資格なし』

こーゆーことか。最早カードゲームじゃないな。
洞窟の店員さんとやらに当たったら全力でID申し込むしかねーぞw
×


本選。サブートーナメント共に2-1でした。

多くの反省点はプレイングミスにありますが、構築面でも失敗が多々見受けられました。
Z/Xの大型大会がどういうものか分かっておらず、その面についての考えが抜けていたのが原因ですね。

今回でZ/Xの大型大会がどういうものか理解したつもりなので、次は全力で構築に反映させます。

« 2月11日 アメニティドリーム公認 | トップページ | 仲間を信じてカードBOX CS »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/49365520

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回綾瀬杯:

« 2月11日 アメニティドリーム公認 | トップページ | 仲間を信じてカードBOX CS »