« 赤黒ブレイバー | トップページ | 勝てない野郎爆誕 »

2013年3月 3日 (日)

綾瀬杯反省会

綾瀬杯の反省を活かして

綾瀬杯は惨敗でした。
プレイングスキル等の能力不足もありましたが、最も大きな敗因は『ゼクスの大型大会が何なのか』を理解していなかったことです。

この敗因を改善するために綾瀬杯の結果について分析し、ゼクスの大型大会における勝ち方を研究しました。

①環境について(デッキタイプ)
皆様もご存じのとおり、綾瀬杯の勝組は黒緑です。
優勝は逃したもののベスト8の半数以上を占める圧倒的強さを見せつけました。

目に見える範囲でも圧倒的ですが、決勝トーナメント動画にて更なる強さを示す様子が公開されています。
決勝トーナメント動画を見ていない人がいましたら、見に行かれることをお勧めします。
ベスト8の半数を占める以上に『ゼクスは黒緑が勝利するゲーム』というインパクトを頂けます。

何故こんなに黒緑が勝てるゲームになったのか考えてみました。
・緑の自リソースアドバンテージ獲得術が強力だから
・ベインが偉いから
・七支刀が攻守にわたり活躍するから
・葬送牙がマジ葬送牙だから

色々思い浮かびますが、推測の域は出ませんね。
個人的には「自リソースアドバンテージ獲得術が強力だから」と「ベインが偉いから」が肝だと思ってますが確証はありません。

まぁ当然です。この時点で黒緑の強さを完全な形で説明できる生物がいたら、その人は人間超えているレベルですからね。

『理屈はわかんねーけど、現状は黒緑が勝ちやすいゲームである』
現状ではそれが分かっていれば上等でしょう。


②環境について(プレイヤースタイル)
ゼクスはデッキ構築のルールとして初ターンから動けるユニットの採用を強制されるため、理論上どのデッキでも速攻を仕掛けることができます。
現カードプールではまともなライフ回復術はないため、ライフを削る行為は有益なアドバンテージとなります。
ですが、高確率で相手に1IG成功を提供し、最悪のケースではヴォイドブリンガー・ライフリカバリーが起動して別の面でのアドバンテージ損失に繋がります。

ライフを削る行為はハイリスク・ハイリターンなので、プレイヤーによってリスクを取るかリターンを取るか別れます。

これらの判断条件ですが、デッキタイプではなくプレイヤーの性格に依存する傾向にあるようです。

速攻に最も遠く位置するであろうアニムスですらリターンを重視してライフをガンガン削ってくる人もいますし、見たことありませんが逆もしかりでしょう。きっと。

ですので、これらの判断は相手のデッキタイプではなくプレイヤーの性格を見なければなりません。

私の中ではリターンを重視するプレイヤーを『修羅』、リスクを重視するプレイヤーを『チキン』と勝手に名づけています。

当然ですがカードゲームである以上、鬼のようにライフを取りに来る相手と、盤面アドバンテージ優先で来る相手では各カードの強さが変化します。
前者が相手ではベインは揺るぎない最強カードとなりますが、後者が相手では黒屈指の良カード程度に格が下がります。

なので私論になりますが、環境を読むにあたりプレイヤースタイルの考慮も一つの重要な要因であると考えられます。

公認大会や綾瀬杯で感じた感触としては、修羅97%・チキン3%の割合で、この世界は圧倒的に修羅に埋め尽くされている感じです。
決勝トーナメント動画でも修羅プレイングが多々見受けられましたため、
『大型大会で対戦する相手は全員修羅』
と判断して間違いなさそうです。

この事項はデッキ構築の際に意識する必要があるかと思います。


③大会形式について
公認大会でプレイヤーに求められている『シングル戦で無双しろ』という冗談のような条件。
大型大会でも同じく求められる傾向にあるようです。

こういうこと言うのもあれなんですが、ぶっちゃけてしまうとゼクスの大型大会ってスーパー運ゲーですよ。
プレイヤーはほぼ全員修羅であり、デッキ構築も修羅である人はたくさんいます。

チキン対決なら実力差を大きくひっくり返す大番狂わせ的な事は起きにくいでしょうが、修羅対決なら頻繁に起こりうるでしょう。デッキ構築も修羅なら尚更です。

それらがひしめき合う中で『シングル戦で無双しろ』と言ってますからね。『マッチ戦にしろよ糞が』とか『せめて確定スイスラウンドにしてくれよ』とか言いたくなりますよこれは。

まぁ、そんな愚痴を言っても仕方ないので、この大会形式の中で最も勝利し易い最善の選択を検討し実践する必要があります。

とは言っても進むべき道は明確です。1度たりとも敗北が許されないんだから
『一定水準以上の安定感を持ち、常勝可能なデッキパワーを持つ』
目指すべきものはこれですね。

やっぱりキーとなるのは『安定感』です。
安定感を支えるの対人対戦経験値で、さまざななデッキタイプとの対戦経験が高度なプレイングの支えとなります。

一定水準が何処まで指すのかは私にもわかってませんが、公認大会で9割前後の勝率を叩きだせるようになれば多分満たしていると思います。

長々となりましたがまとめると

①理屈は分からんけど黒緑がマジ強い
②修羅多いから修羅メタ推奨
③安定感なければ勝てません 鍛えるために大会に出よう

こんなんですかね。
こんなのを取り込んで関東CSに挑みました。
惨敗でしたけどね…

« 赤黒ブレイバー | トップページ | 勝てない野郎爆誕 »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/49815338

この記事へのトラックバック一覧です: 綾瀬杯反省会:

« 赤黒ブレイバー | トップページ | 勝てない野郎爆誕 »