« とっても楽しいカードゲーム | トップページ | 4月7日 カードラボ公認 »

2013年4月 6日 (土)

なんたって王者だからな

クワネルさん優勝おめでとうございます。

誰かが動画でたら解説記事かくぞって言ってたので書いてみますか。

↓クワネルさん動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20530742



緑対決の後攻なので、当然1ターン目3コス・2ターン目ルリジッサの流れ。
2ターン目の強さに定評のあるクワネルさんにとってルリジッサとコアラを揃えることなど造作もないことです。

そして3ターン目。相手のリンドウに対してIG&リンドウでライフを一点取りました。
これについては首を傾げた人もいるでしょう。
動画を全部見れば分かりますが、クワネルさんのデッキには「おやすみなさい」が多量投入されています。
「おやすみなさい」が多量投入されている以上、空振りの損失を警戒してIGすべきではないだろうと考えられるからですね。
それについてはその考えのとおりで、基本的には空振り警戒でIGなしが一般的な正解です。

ですがクワネルさんはそれを踏まえた上で、IGを行いました。これについては(主に板前様一族から)批判の声があるでしょうが、私は『流石である』と評価をしています。


カードゲームは対人対戦ゲームである以上、プレイングの正解は自身及び対戦相手に依存する面があります。
なぜなら対戦相手は人間であるため、性格や得意分野が十人十色であるからです。


私の見解ではクワネルさんの対戦相手はキングダムで言う馮忌タイプです。長期戦にめっぽう強いが、序盤に撃たれるパターンに弱い面があるように見えます。

そこを考慮すると、このタイミングで3コス5000ユニットがでるリターンは非常に大きいと考えられます。
クワネルさんはそのリターンの高さを選択してIGしたのでしょう。

どうですか?
『流石である』と言いたくなりますよね。



そして5ターン目のフィーユ&木蓮。
万人がプレイミスと指摘するシーンでしたね。
フィーユの無難なプレイ場所は右上ですし、中央プレイするなら木蓮は左上一択です。

これについてはプレイミスと言い切っていいと思います。
ただし、私としては『最善のプレイングではないが、プレイミスではない』と見解しています。

理由は単純です。↓これの5:55ぐらいを見てください。
ttp://www.dailymotion.com/video/x4xrco_yugioh-dm-5ds-1-part-1_shortfilms



そういうことだと。ランキングNo1は伊達じゃないっつーことです。
まったく。。。ホントにかないませんね


次のターンのフィーユ&七支刀も同様の理由が考えられます。
傍目には『ですよねー↓』と見えますが、実態は『ですよねー(はー、キングは辛いぜ)』です。

動画で見えてる範囲でも菖蒲+フィーユ元気という強力なアクションがあることが見えます。手札が結構あるようでしたので、3コスユニットというさらに強い選択肢があったかもしれません。
故意であることは明白でしょう。


その2ターンでエンターテインメントの準備は十分だと判断したようで、次のターンから速やかに殺しに行ってます。

相手ライフ残2で七支刀持ってたので瞬殺入りましたね。流石です。


そんな感じでエンターテインメントを実現しながら10分以内で沈めるキングのデュエルでした。
まるで隙がありませんでしたね。素晴らしい。


次から3週連続ぐらいでサイトさんが登場する気がしていますので、
板前様による動画解説3本立て
を期待してます。

« とっても楽しいカードゲーム | トップページ | 4月7日 カードラボ公認 »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます

クワワコさんに追い付けるように精進します

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/51113256

この記事へのトラックバック一覧です: なんたって王者だからな:

« とっても楽しいカードゲーム | トップページ | 4月7日 カードラボ公認 »