« 6月3日パンダキャニオン公認 | トップページ | 第1回ミサキ杯 決勝の部 »

2013年6月 7日 (金)

第1回ミサキ杯 予選の部

何らかの使命を果たすため行って参りました。

■第1回ミサキ杯
使用デッキ 赤黒ブレイバー

●1回戦 白単エンジェル
相手のIG2連発をIG3連発で返してウハウハしてたら、そこからIGが全然乗らず防戦に追い込まれる。
土壇場で手札とIGから卑弥呼が爆発して一気にライフを削り取って勝ち。

●2回戦 青緑アサギ
アサギ→オロチ→アサギ+山吹とファッティ単発のシーソーゲームとなる。
相手のアサギをウルティオー・オロチで返せたんですが、何か違う気がしてプレイヤースクエアを空けてベインで突貫。
これが功を成して、相手が生存のしようがないレベルの決定打を叩きこめて勝ち。
確定除去無しと読んで突貫したんですが、返しのターンに今まで見えてなかったヴォイドブリンガーが大量に飛び出てきて冷や汗かきました。
完全に失敗プレイングでした。正に運による勝利。

ここまではデッキ相性差に助けられて、糞みたいなプレイミスしても無理なく勝てましたが、ここから死闘の連続でした。
それもこれもプレイミスし続けているせいなんですけれども。

●3回戦 白黒フィエリテ
序盤にIGが空振りして攻勢に出れない展開。
その状態で5コスバニラを連打され苦しい戦いになるもシェイクスピア爆発して巻き返し。

コンバットトリックに防がれ続て更なる苦しい戦いが続くも、相手のトップがIGだらけの事件が発生しベイン様でゲームセット入って勝ち。
本当に危ない戦いだった。次やったら多分負けます。


●4回戦 青単イェーガー
リソースリンクが揃うまでに決定打をぶちこんで押しきり。
この試合はIGの乗りが良かったので、それに助けられた感があります。
本当に危ない戦いだった。次やったら多分負けます。

●5回戦 赤黒イェーガー
先行アルテミススタートしたんですが、ベインをプレイするエネルギーに到達することなく殺されました。
そーゆーゲームでしたと。
×

普段ならこれで終わりでゲンナリするしかないですが、関西のCSはチャンスが続くのが素晴らしいですね。
リピーターになりたくなっちゃう。

●6回戦 赤黒ブレイバー
序盤は盤面の奪い合いになり、ライフの変動がない流れになる。
中盤で多少強引ながらもチャンスが来たので一気にライフ残1まで追い込む。
オロチをキープしていたのでこれで詰みが見えたと思いましたが、ここから相手に鉄壁の布陣を敷かれライフに届かず、ほぼ完全に盤面制圧される。
こちらライフ4・デッキ残り4枚・手札がオロチ・巴御前・シュペーア。
蘭丸が2枚・ベインが1枚残っている状態。
ここで制圧を崩すベインのトップか詰みまで持っていけるIG蘭丸のどちらかを決めないと死が見える局面でトップが蘭丸×2。
絶望しか見えなくて何とか生存出来るルートを模索していた所でタイムアップ。
返しに相手がプレイミスをしたようでライフが2点残り、時間切れ勝利という糞みたいな勝利をおさめました。
実質は負けのようなもんです。
本当に危ない戦いだった。次やったら多分負けます。

5ー1で2位通過でした。

別世界とは正にこのことですね。やばいな…

« 6月3日パンダキャニオン公認 | トップページ | 第1回ミサキ杯 決勝の部 »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/51941511

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回ミサキ杯 予選の部:

« 6月3日パンダキャニオン公認 | トップページ | 第1回ミサキ杯 決勝の部 »