« 第1回湘南CS | トップページ | 8月18日 ヴァンガード »

2013年8月22日 (木)

赤黒ブレイバーについて

EOさんに伝えたいことをつらつらと

■スタートカードについて
現在の状況で考え直したところ、クイックドロー>ウルティオーに変化しました。
ウルティオーの優位性は今や
・先行時(相手にバウンスがないときに限る)にアリスかサボってる時のフォロー
ぐらいのもんです。特定のカードを回収を目的とする行動より、IG投げた方が強い盤面が多すぎるため、こんなもんになりました

クイックドローの優位性は
・打点を効率化してライフを獲得
・サンタクルス・山吹の無効化(主にベイン・ケイツー打倒のため)

ここまで環境が高速化するとメイン構築の大部分は速攻メタに割かれるため、ケイツー・ベインの打倒が構築上困難になってきています。

どうせIGで投げつけるだけのウルティオーならば、ケイツー・ベインを見れるクイックドローで対応力を上げた方が良いと判断しました。

手札不足で困ることはあるけど我慢できる範囲ではあると思うので、今はクイックドローの方を推します。

■ズィーガーについて
お伝えしたとおりだけど、少し捕捉。
これについては綾瀬杯決勝動画を見直して欲しい。
ベインを3連打ぐらいされたけど、毎ターン9500投げつけて解決したわけでしたが、2回はトップ解決で凌いだはずです。
シェイクスピアが入っているから、ベイン打倒カードはそこそこあると思うけど、ビートダウンの都合上、手札キープはそんなに上手く出来ることはありません。

なので、ある程度はトップ解決に依存するしかないですが、そこで役立つのがズィーガーです。
4コス帯なのでコストバランスを崩さずベイン打倒カードを増やせます。
安定感があってベイン・ケイツーを倒せる軽コストはズィーガーぐらいのものなので、消去法で入れざるをえない状態だと思います。

■シェイクスピアについて
4推奨。
シェイクスピアが出ることが唯一の勝機となるゲーム展開が多くなってきているため、できる限り成功率をあげるべきかと。

■ルビーハウル・アテナについて
ビートダウンを見るならバニラ、ケイツー見るならルビーハウル・アテナなので、環境を読んで直感で枚数を決定する必要があります。

この手のことはジミー軍団が大得意のため、当日にバニラとルビーハウル・アテナを全部持ってきてください。
僕とクワネルさんがジミー流直感術を働かして枚数を決めます。

以上。あくまで参考程度に。

« 第1回湘南CS | トップページ | 8月18日 ヴァンガード »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/52975789

この記事へのトラックバック一覧です: 赤黒ブレイバーについて:

« 第1回湘南CS | トップページ | 8月18日 ヴァンガード »