« ADブレイバー進化元 | トップページ | どっかでドラゴンというものを知ったった。 »

2013年9月26日 (木)

Negative Saituler Control

大和杯で使ったやつです。

■青白黒Negative Saituler Control

●リーダー
各務原あづみ

●ユニット44枚
【S】ロウブリンガー サンタクルス 1枚

【IG】レーザーサイス アヴィオール 4枚
【IG】聖獣オーラヘケト 4枚
【IG】抹消機械ヴォイド 1枚
【IG】風車変形フェルミウム 1枚
【IG】変形二輪フレロビウム 2枚
【IG】サイバーレイピア アルファルド 2枚
【IG】花恋ウェイベル 2枚
【IG】力のピュイサンス 1枚

掟のレーグル 1枚
ロウブリンガー アコンカグア 1枚
聖獣オーラケンタウロス 1枚
雨のプリュイ 1枚
バトルヒーロー グライド 4枚
七大罪 色欲の魔人ルクスリア 3枚
ソードリベレイター リゲル 4枚
イヴィルベイン ケィツゥー 4枚
滅獄竜デスティニーベイン 4枚

●イベント9枚
パニッシュメントクロス 4枚
コンフロントオーダー 2枚
【IG】月影葬送牙 3枚

青20枚
白19枚
黒10枚

青白黒です。

■デッキ作成の背景
ブレイバーでやっていたバニラで相手の殺戮を止める作戦に限界を感じていました。
エヴォルシードやらレンジ2やらシアトやらがこんだけ溢れかえっている以上、相手のライフ奪取を防ぐことは困難で、2~3点取られたら実際上の詰みとなってしまいます。

そんな中板前様に教わった白黒緑による、ライフ1点でも残っていれば守りきって勝つ作戦が環境に蔓延る殺戮軍団に対処する理想的なデッキに見えたので、完コピして物真似大賞狙いに転じましたが、実際に使ってみるとスーパー残念デッキでして、大型大会で使える代物ではありませんでした。
板前様一族には大変申し訳ない話になってしまいますが、一族が絶賛する女王のもてなしとアワリティアが主な元凶で、こいつらがデッキの役割を担当する物は到底扱える気がしません。

僕の考えではゼクスというカードゲームは
『いかに自分の都合の良いことを考えないか』が大事なのですが、この2枚は自分の都合の良いことしか考えていない集大成だったので、強い弱いは別としてゼクスというカードゲームで勝利に貢献するようなカードにはなりません。

リソースリンクによる殺戮が無くなれば話は変わるかもしれませんが、そんなことは無いと思いますので、しばらく関わることはないでしょう。


とは言っても、『3点削られてもまだ負けてません』コンセプトは環境に求めていたものに間違いないと思ったので、コンセプトはそのままにして夢物語カードを抜いて現実性のあるラインナップを揃えたら、こんな感じになりました。

■入れかえたものについて
まず考えなければならないのは自リソースアドバンテージ獲得術です。
守りきって長期戦を制すことがコンセプトなため、普通のデッキ以上に枚数が必要となります。

自リソースアドバンテージ獲得術の大半はチャージを犠牲にするか、割にあってない重コストであるため、
もうライフは削られません状態に持っていくまでの耐え凌ぎにマッチしないものばかりです。
そんな中、唯一マッチしそうなカードはリベレーターリゲルのみでした。

巷で凄い評価が高いようですが、実際強いですね。
安定してドローを供給してくれて、要所で高サイズを発揮してくれて助けられるシーンは多いです。
このデッキの弱点の1つである10500に途中から対応できるようになるので最初から最後まで活躍してくれます。

リゲル4は確定。なので青入りも確定。
当然これだけでは足りないので、もう4枚ぐらい必要ですが、なかなか良いのが見つからなかったため、取り敢えずそれは保留にしてもう1つの課題を検討しました。

このデッキの核となるイベントですが、可能な限り引きたいけどユニットじゃないから投入し過ぎても事故要員になる困った奴らです。

イベント積みまくるのは事故死が待っているだけなので、ある程度はユニットで代替したい思いがありました。

元からの戦術の1つであった、サンタクルス使い回し案しか現実的な策がなかったので、それを採用。

アワリティアやビショップはチャージへ送るのに手間がかかるため、現実的ではないため、サイズに難があるけど速効性のあるルクスリアを採用。

ルクスリア入れるならシナジー考えてグライドを投入。
これで自リソースアドバンテージ獲得術が2種8枚+ルクスリアと安定枚数に達して
グライドとリゲルが空席だった5コス・6コス域をカバーしてくれたのでマナカーブも整いました。

■グライドとテクネチウムについて
ルクスリアとシナジーが強そうに見えるグライドですが、サンタクルス再利用するためのおまけでしかないため、テクネチウムでも良いといえば良いです。

6ターン生存出来たら、以降は基本テクネチウムの方が強いです。
エネルギーを残しつつ手札に色々抱えなければならないこのデッキでは、5コス7000の無限供給は非常に助けられます。

正直なところ、サイトさんはテクネチウムを入れてくるとすら思ってました。

それでもグライドの方を選んだのはチャージになれるからです。
どちらもチャージを1枚損失して手札+1するわけですが、グライドは普通にチャージになる選択か出来て、テクネチウムは出来ない。
この違いが非常に大きい。

この1枚の妥協が6ターン生存の可否を難しくすることがあるかと思ったので安全策のグライドを選択しました。

■構築について
自由枠については大体普通です。
積むべきものを積んで出来上がった状態から大して変化していません。

ガーディアンハートをコンフロントオーダーに変えたぐらいですかね。
これについてはクイックドローにビビっただけであるため、最初のメタ読みを誤っただけでした。まぁこれも普通の範疇のはず。

IG枠については僕の中で普通なだけで、一般的に普通じゃないところがあると思うので簡単に羅列します。

まずはこれを2ターン目まで御覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=Bm-B83XFTe0

右の人が無様に運悪く早々に死亡コースに入ってますね。
僕はこれを強く反面教師と受け止め、原則『IGは5000を叩けるもの』として、それをこなせる物しか入れないようにしています。
だからこんな感じになったわけです。

カールに可能性を感じたりしたんですが、10秒で現実に戻りました。
先行2ターン目にラクシュミー2体投げられたら、こーゆーゲームっすよね現象になりますからね。
5コスバニラを3コスと合わせて、大蛇を4コストと合わせて自然に対処できるようになるのは非常に魅力的なのですがね。。。
1枚ぐらいはありかなぁと思いつつ、やっぱり怖いところがあるので結局積んでいない状態です。

●アヴィオール
6ターン過ぎたら5000の完全下位互換に成り下がりますが、そこまで生き延びるためだけにいれてます。
このデッキのキモはそこなので悪くはないかと。

関係ない話になってしまいますが、アヴィオールについては長所と短所が幅広すぎて採用実現度が自分の中で定まっていません。
いつの日か時間を取って考えたいところ。

●月影葬送牙
このてのイベントデッキで『入れざるをえない』カード。
4コスイベントなんてものはエネルギーを伸ばせる構築にした緑ぐらいしか上手く活用できないため、このデッキでは使い勝手が非常に悪い。

なのですが、イベントなければ地獄行きであるため充分に枚数確保する必要があり、仕方なくこれが入りました。

自由枠のイベントを増やすのも限界なのでIG枠で補わなければならず、3枚も採用するはめになってます。
都合の良いこと考えているカードなので3積みは何かとリスクがありますがやむなし。


●オーラヘケト
5000バニラと悩みましたが、こちらフルに落ち着きました。
マイナス1000が良く働いてくれます。
5000じゃないゆえのリスクが怖い面もありますが、メリットがあまりにも大きいため目をつむりました。

●その他
5000で固めてます。
エヴァポレーションとか採用率凄いらしいですが、僕は守備意識のデッキで使う気にはなれません。

2ターン目にIGラクシュミー&ラクシュミープレイされただけで、
こーゆーゲームっすよねー現象になってしまいますからね。
それ以外にも何かとリスクがついてくると思うので、怖さに負けて採用圏内に入りません。

■プレイングについて
色々注意しなければいけないことがあるんですが、文章で表すのは難題なので、はしょらせて頂きます。

まぁカードゲームというものは各々の特性にあったプレイングを取るのが大事だと思いますので、
板前様には板前様の、サイトさんにはサイトさんの、クワネルさんにはクワネルさんの信じるプレイをするのが一番かと。

他人を気にせず自分の信じる道を行くのは正解だと思いますよ。

以上。こんな感じです。

« ADブレイバー進化元 | トップページ | どっかでドラゴンというものを知ったった。 »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/53388752

この記事へのトラックバック一覧です: Negative Saituler Control:

« ADブレイバー進化元 | トップページ | どっかでドラゴンというものを知ったった。 »