« 池袋CS | トップページ | 新弾 »

2014年4月24日 (木)

ガンスリンガーというものを考える

今回はジミー用語を使わざるをえない

 

まずジミー軍団的にカードゲームで勝つ方法は大きく三種類に分類されています。

これらはプレイヤーの素質にもろに影響があるため、プレイヤー毎に自分にあったタイプを選択し、実践すべきと考えられています。

その三種類を適当にA・B・Cと分けます。

古本生活のプレイヤーをそれに当てはめると
Aがクワネルさん、サイトさん、板前様。
Bが僕。

となる感じです。

これで古本生活の皆様には大体お解り頂けたでしょうか。


ここからが本題ですが、ガンスリンガーは素質の優劣が結果に直結しやすい形式であることを痛感しました。
というのも、ガンスリンガーはタイプBが、勝利するために必要な要因をことごとく封じているからです。
昔の僕はある程度タイプCに寄せていたのでなんとかなっていましたが、タイプBに専念している現状ではもろにくらってしまいましたね。

タイプBである以上、ガンスリンガー形式で勝利を狙うことは現実的ではないようです。

となるとAとCのガチンコになりますが、真面目にやったらCの勝ちでしょう。
所詮は予選ですからね。予選のみという縛りがある以上、AではCに勝てません。

つまり、デッキ構築能力やプレイング技術以前に素質面で
C 〉A〉〉〉〉B
という図式が成り立つわけです。

事前にCが50人ぐらい参加するとかいう情報を入手することが出来れば、実は参加すること自体がミスであるかもしれません。

とはいってもゼクス界でCをまともに実践している人を見たことがないので、実際はAの天下なんでしょう。


というわけでタイプBの僕に勝機なんてないので、タイプAの皆様(特にガンスリ王者の人)僕の分までよろしくお願いします。

« 池袋CS | トップページ | 新弾 »

Z/X」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。ゼクス新弾きましたね。今回の段でさらに難しくなったと思います。今までならピクシーやアーサー、ハジェスの様なカードだけ注目していればいい感じでしたが、今回はリソースに〜が二枚以上あればというカードの効果が地味に強く、パワーや効果の不確実性から今まで敬遠してきたようなカードも皆入れてくるかもしれません。また、イルーナやヘルソーンなど、どのデッキにも出張できて強いものもありますし、条件を満たせばクソ強いラファエルやアンコ、使いこなせば一気に引き離せる可能性がある難鉈やワイヤーとかもいて何がなんやらです。それでもやはり赤系が強いとは思いますが。

>タツさん
そうですね。
アストライアー・卑弥呼・ハジェスらへんが他よりかなり秀でている感じがあるので、次も赤が多くなりそうですね。

リソースに〜が二枚以上はテキストを疑うレベルで強いのもあるので(特に青2枚でドロー出来る白)、採用したいのですが、タッチで積むのは厳しそうですよね。

試してないので2枚という縛りがどこまで厳しいか実態は分かりませんが、自然に入るものしか採用させずらいんじゃないかなーと思います。

とりあえず、新弾1発目の大型大会の結果が楽しみですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1610259/55910358

この記事へのトラックバック一覧です: ガンスリンガーというものを考える:

« 池袋CS | トップページ | 新弾 »